2010年05月25日

マネキンは細すぎ 確かに!!

そっかー。そうだよね。マネキンは細いよね。

英国でマネキンメーカーが明らかにした最新モデルの
サイズについて、摂食障害の支援団体が「やせ過ぎ」
と指摘し、波紋を呼んでいるそうです。

摂食障害といえば、カーペンターズのカレンが有名ですね。
あんなに痩せていたのにさらに痩せたいと願うなんて・・・
すばらしいボーカリストだっただけに、
あまりに早い死が残念でなりません。

今度も敷きパッドがいいかもしれませんね。


摂食障害者を支援する英慈善団体「Beat」の代表者で
摂食障害の専門家でもあるスーザン・リッチモンド氏は、
店のショーウィンドーに飾られる極端に細い男性マネキンは、
男性だけでなく女性に対しても不健康な影響を及ぼす可能性が
あると指摘しているとか。

そういえば、ヨーロッパの方は、ファッションショーなどの
モデルも細すぎる人は起用しないらしいですね。
摂食障害・・・日本にもけっこういるらしいですよ、
あまり表だって騒がれていませんが。
日本で今、旬?なのは、うつ病ですよね。
摂食障害→うつ、あるいは、うつ→摂食障害と進む
患者もいるとのこと。

摂食障害になる前には焼肉通販ばかりしていました。


「最新マネキンはやせ過ぎ」、英摂食障害支援団体が非難
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100511-00000364-reu-int

マネキンメーカー「Rootstein」の最新のマネキンは、
男性モデルのサイズ、胸囲89センチ、胴囲68センチで、
これは、英国民健康保険サービスが公表する
英国人の平均体型よりも合計28センチも細いとのこと。

来週は大分車検・車内クリーニングします。


マネキンの真似しよとするほうがよくないんだ。
posted by b27dayo at 14:42| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月10日

石川遼選手が今年初優勝

石川遼くんも毎日テレビでみますね。

日本にも海外で通用するプロゴルファーがいるのだというのを、
女子ゴルフだけでなく男子ゴルフでも見せつける事が出来れば、
もっとゴルフ自体の知名度も上がると思うので、
石川選手にはもっともっと頑張っていい成績を残してもらいたいですね。

ツアーの前にはサイクルツイスタースリムで体を作るとか作らないとか。


石川遼が今季初V!ツアー新の「58」で大逆転/国内男子
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100502-00000531-sanspo-golf

しかも今までの国内ツアー18ホールの最少記録が、
03年アコムインターナショナル第一ラウンド(R)で出した
倉本昌弘さんの59が最高だったようですから、
その記録も今回塗り替えてしまった事になります。

18歳の青年がその記録を破ったというのもスゴイ事だと思います。
海外では今一つ成績を残せない石川選手ですが、
国内のツアーでは実力を出し切ることができて、
素晴らしい記録を次々とたたき出しているので本当に感心してしまいます。

男子プロゴルフツアーの中日クラウンズの最終日が、
2日に愛知県東郷町にある名古屋ゴルフ倶楽部和合コースで行われました。
知っ得BBQネタでゴルフの秘訣がやってました。

その大会には“おばさまファン”の多い石川遼くんも出場しており、
現行のツアー制度が施行された73年以降では最少スコアの58を記録し、
逆転優勝を果たしたそうです。

石川選手は通算13アンダーで前日まで首位だった丸山茂樹さんと、
6打差あったところを逆転して今季初優勝を掴み取ったそうです。

参考:焼肉鉄板本舗


これからも応援しているので、がんばってください。
posted by b27dayo at 11:20| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月04日

学力テスト実施!テストは嫌いだよね…。

ゆとり教育に反対なので、学力テストはあったほうがいいかもしれません。

学校時代に競争心に触れることなく過ごしたとしても、
社会に出ると競争ばかりの世の中だと思うからです。

社会人になっていきなり他の人より良い成績を取れ、
社内で一番売上げを伸ばしてこいと言われても、
戸惑って立ち止まってしまう人が続出するのではないかと思うのです。


学力の伸長を見比べる目的で3年前と同じような問題を出題したそうですが、
「ゆとり教育」からの転換を進めている新学習指導要領の主旨にのっとり、
小6の算数では前の年と比べてレベルアップした問題もあったそうです。

学力テストにおいて43年前に「競争排除」を掲げる日教組の反対などで、
中止になった事もあるそうです。

小学校時代から競争心だけに重点を置いて、
他と比べながら教育していくことが良い事とは思いませんが、
私は常々競争心を育てないような今の教育現場に疑問を感じています。



それぞれ考え方はあるでしょうが、
他人を蹴落としてまで上へあがれとは思わないまでも、
運動会の徒競走で1位を取りたいと努力することは、
たとえ1位になれなくても悔しい気持ちとかを学べる良い機会だと思うのです。


新聞記事や割引券…実用的学力重視 学力テスト
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100420-00000631-san-soci

20日に行われた全国学力テストでは、
新聞記事などから問題が引用されるなど日常生活をモチーフにした
出題が目立っていたそうです。

平成19年度時点で小学校6年生だった児童が、
今回は中学3年としてテストをうけている事も意識して、
3年前と共通する問題も多く出題されているそうです。


こども達、がんばれ!!
posted by b27dayo at 22:17| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。