2009年11月20日

アメリカってそんなに食料不足が深刻化しているのか!

世界一を誇るアメリカがなんとまぁー!!

アメリカの農務省が16日に発表した昨年度の食糧安全保障報告によると、
全米では14.6%に当たる1714万世帯が収入不足等が原因で、
家族全員に充分な食事が与えられない「食料不足」を経験していたそうです。

食料がないっていってもお金はあるのだろうから焼肉通販をすればいいよ。

この調査は1995年から続けてこられてようですが、
開始以来最悪の数字になったそうですよ。

世界的に広まっている未曾有の経済危機が先進国の米国においても
深刻な状態にまで迫ってきている事が分かりました。

全米15%世帯が食料不足=不況直撃、子供の飢えも急増
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091117-00000055-jij-int

食糧不足とまではいかないにしろ、子供の食事にまで制限をせざるを得ない状況に
追いこまれている世帯は50万6000世帯に上っているそうですから、
事態は深刻です。

あとみんなでしっかり働けばなんとかなりますよ。体を痛めたらジェルパッドが有るしね。

私も人の子の親ですから、自分の食事よりもまず子供たちに
満足できるほど食事を食べさせたいと思うのは当然のことと思います。
でも経済的にそれが難しいとは、胸が締め付けられるような思いがしています。

しかもアメリカでこのような現象が起きているという事は
数年後には日本も同じような状況にならないとも限りません。

参考:電子タバコ

先の見えない現代ですが、蓄えられるものは今からでしっかりと
蓄えておかなくてはいけないと痛切に感じています。

まだまだ日本は幸せなのでしょうか。


posted by b27dayo at 13:43| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。